レーシック難民というリスク!

レーシック難民

最近レーシック難民という言葉を良く聞きます。難民という言葉は、何らかの理由で自国(国という概念があるとき)あるいは住んでいる場所から移動せざるを得ない人の事を言います。

レーシック難民と言う言葉は、それに似たような意味でレーシック手術を受けた後、いろいろな症状を自覚するも、クリニックなどの手術を受けた施設から満足のいく対応がされない人のことを言うのです。

レーシック難民の怒り

難民の場合は、受け入れるところがあれば難民ではなくなりますが、レーシック難民の場合も同様に、他のクリニックなどで問題が解決すれば良いのですが、そうでない場合は、眼に関しては難民と似たような状況になります。

これを回避するためにもレーシック 費用は高くても、アフターケアのしっかりした大手で受けるのがベストでしょう。例えばレーシック 札幌で受けるなら品川近視クリニックや錦糸眼科がおすすめです。 Read more

簡単な視力回復方法を紹介!

遠近法とは、近くのものを大きく描いて遠くのものを小さく描くような画法のことではなく、視力を回復するために近くのものや遠くのものを交互に見て筋肉を鍛える方法のことです。

目が、見ようとする対象にピントを合わせるときに、実は筋肉が働いています。

筋肉が使われているということを私たちはただ普段あまり意識しないだけで、近くのものを見るときも遠くのものを見るときも、筋肉が緩んだり締まったりということをして、ピントを合わせているのです。

視力回復方法を試す男

この筋肉が衰えると近視になりますし、老化でもっと極端に衰えてくれば近くにも遠くにもピントが合いにくくなる老眼が始まります。
Read more

子供の視力低下の原因は?

子供のうちは、眼球の形がまだ成長で奥に変形していく可能性があり、遠視に近い状態なのですが、成長するにつれてそれが近視に近づいていって成長が止まることで視力の変動も落ち着きます。

これに加えて、子供というのは外でボール遊びをするなどして動体視力や、目の周りの筋肉を遊びながら自然と養っていくわけですが、近現代の子供たちはインドアになってきています。

子供の視力回復方法

都会には単純に子供たちが遊べる広い場所がなかったり、家に集まってテレビゲームで遊ぶ子供も多くなっています。小学生の頃から携帯電話を持つということも少なくなってきました。

Read more

コンタクトレンズで視力回復できる技術!

コンタクトレンズは、視力矯正器具ですから、装着している間だけ視力を良くするというものです。

しかし、「オルソケラトロジー」という技術があり、この技術で用いられるコンタクトレンズはこれまでの使い方とは全くの逆で、寝ているときだけ装着し、外したあとはしばらく裸眼視力が矯正されるというものなのです。

どうしてこのコンタクトレンズをつけて寝ると、翌日視力が良くなるのでしょうか。

実はこのコンタクトレンズは、装着して眼に入る光の屈折率を変えるという目的のものではなく、角膜の厚みを変えるために特殊な加工をされた「型」のようなレンズなのです。
Read more