コンタクトレンズで視力回復できる技術!

コンタクトレンズは、視力矯正器具ですから、装着している間だけ視力を良くするというものです。

しかし、「オルソケラトロジー」という技術があり、この技術で用いられるコンタクトレンズはこれまでの使い方とは全くの逆で、寝ているときだけ装着し、外したあとはしばらく裸眼視力が矯正されるというものなのです。

どうしてこのコンタクトレンズをつけて寝ると、翌日視力が良くなるのでしょうか。

実はこのコンタクトレンズは、装着して眼に入る光の屈折率を変えるという目的のものではなく、角膜の厚みを変えるために特殊な加工をされた「型」のようなレンズなのです。

レーシックで近視を矯正する際に、角膜を薄く削るのと同じように、オルソケラトロジーのコンタクトレンズでは、眼の中心部分の角膜が通常よりも若干薄くなるように圧迫する役割を果たします。

とはいっても、眼にはあまり負担がないということがメリットになります。

実際に角膜を削ってしまうわけではないので取り返しがつかないということもありませんし、しばらくすれば元に戻るというのはメリットでもありデメリットでもあるといえます。

一晩寝て起きたら翌日は裸眼で生活しても夜まではほぼ視力のことが気にならないそうです。ただし、効果の持続性には難があり、毎日装着して寝なければいけないということは面倒かもしれません。

またそれも含めて、定期的に通院する必要があるというのは、手術をしたあとに数回定期検診に行けば良いレーシックに比べると面倒な気もしますが、外科手術は躊躇するという方には、効果が早く出ることと眼への負担が少ないという点で好評のようです。