簡単な視力回復方法を紹介!

遠近法とは、近くのものを大きく描いて遠くのものを小さく描くような画法のことではなく、視力を回復するために近くのものや遠くのものを交互に見て筋肉を鍛える方法のことです。

目が、見ようとする対象にピントを合わせるときに、実は筋肉が働いています。

筋肉が使われているということを私たちはただ普段あまり意識しないだけで、近くのものを見るときも遠くのものを見るときも、筋肉が緩んだり締まったりということをして、ピントを合わせているのです。

視力回復方法を試す男

この筋肉が衰えると近視になりますし、老化でもっと極端に衰えてくれば近くにも遠くにもピントが合いにくくなる老眼が始まります。

そしてこの筋肉はトレーニングである程度は鍛えることが出来るので、視力回復のために遠近法のトレーニングを取り入れてみてください。

まず、人差し指を目の前に立て、人差し指にピントを合わせた状態で5秒ほどじっと見つめます。そして人差し指はそのままで、目だけ指の向こう側の遠くのものにピントを合わせます。それを10秒ほど見つめます。

それからまた人差し指にピントを戻して5秒…というのを繰り返し行います。1日に数回行うだけで徐々に効果が表れてくるでしょう。

また、人差し指を使って同じく目の前に指を立ててそこにピントを合わせたら、今度はそのまま指を徐々に目から離していき、腕を目いっぱい伸ばせるだけ伸ばしましょう。

目は指に焦点を当てたままにして置きます。そして指をまた目の前までゆっくりと戻しましょう。
これをあくまでゆっくり繰り返すということが大切です。

急激に行うと、毛様体筋にとっては逆効果なようです。良い刺激を与えるためにはゆっくり、毎日繰り返し行うのが良いようです